記憶の断片


by RF100A

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
自分について
写真
写真展
機材
音楽
美術展
クルマ
撮影技術
未分類

お気に入りブログ

ねりうま写真生活
『私のデジタル写真眼』
from our Dia...
Xylocopal's ...
素顔のままで
Photo is・・・・・・
Railway Phot...
ふわふわ旅
M2_pictlog
All those......
フォトグラファー故島永幸...
slow life wi...
Milestones (...
I LOVE ME Life
フォトグラファー上田晃司の日記
*LifeGraphic...
僕の眼。
つぶやきころりんのベスト...
day pHoto
写真倉庫館
kaze photo
dsk report
DAIGOの視線
やんぼーな写真館への橋渡し
Days went by
CAMERAと一緒
DAIGOの記憶
写真家 永嶋勝美の「散歩...
君とカメラ
28 35 時々50mm
Osteria TiaL...
おひさま

ブログリンク

タグ

(181)
(74)
(59)
(35)
(30)
(27)
(26)
(26)
(20)
(19)
(18)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(10)
(9)

以前の記事

2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ

画像一覧

<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Nikon Df

c0174913_124282.jpg

先日発表されたNikon Df、良いなぁと思ってしまった。

・1625万画素フルサイズセンサー(D4と同じ)
・シャッター上限 1/4000sec
・AF点数 39点
・2016分割RGBセンサーによるTTL開放測光方式
・動画撮影機能なし

カタログスペックで見ると、特に驚くものはない。

ただ、性能不足かというとそんなこともなく、

非AIレンズにも対応するという、過去の資産の活用を考慮した仕様になっている。

古いレンズは、MTFでみると確かに現代レンズにはかなわないだろう。

ただ、魅力的な写りをするレンズがあるのも確か。

MFレンズでゆっくりと撮影を楽しむという意味では、こういうカメラがあっても良いなぁと思う。
by RF100A | 2013-11-12 01:50 | 機材

Pentax

c0174913_2010957.png


ペンタックスから、新しい一眼レフカメラが出ましたね。 K-3
確かに、性能は向上しているのでしょうけど、ペンタックスは、
どうもモデルチェンジ周期が早いのが、好きになれません。

ハイエンド~ミドルアッパークラスだと、2008年ぐらいから現在まで、

K20D 2008年3月7日 発売 初値 約15万
K-7 2009年6月27日 発売 初値 約13万
645D 2010年6月11日 発売 初値 約85万
K-5 2010年10月15日発売 初値 約13万
K-5 II/IIs 2012年10月19日発売 初値 約10万
K-3 2013年11月1日 発売 初値 約13万
※初値は、ボディのみの市場価格の参考値
というリリースになっていますよね。

同じ時期のニコン機だと、

第1世代FX機
D3 (2007年11月30日発売) 初値 約56万
D700(2008年7月25日発売) 初値 約33万
D3X(2008年12月19日発売) 初値 約87万
D3S(2009年11月27日発売) 初値 約54万

第2世代FX機
D4 (2012年3月15日発売)  初値 約58万
D800 (2012年3月22日発売) 初値 約27万
D800E(2012年4月12日発売)初値 約32万
D600 (2012年9月27日発売) 初値 約20万
D610(2013年10月19日発売)初値 約18万
Df (2013年11月28日発売)初値 約26万
※初値は、ボディのみの市場価格の参考値

と確かに数は多いのですけど、
概ね第1世代と、第2世代に分かれていて、
D700の発売から、D600の発売まで4年と
モデルチェンジ周期が長いのですよね。

系譜を図に描くとこんな感じ。
c0174913_7284394.png


というわけで、
ペンタックスを使って
K20D→K-7→K-5→K-3
と出るたびに(K-5IIを飛ばしたとして)
更新するとなると
大よそ、54万程度の出費

ニコンを2008年から使って
D700→D600 or D610
と更新すると、
大よそ51万の出費。

カメラの性格が若干違うけど
D700→D800
と更新すると
大よそ、60万程度の出費

D700ユーザーだと、あえて更新しなくても
良いかなとも思うし、
そうなると大よそ33万の出費で済んでしまう。

ニコンのミドルアッパー以上の機種は、ちょっと高めだけど、
長く使える基本性能を持つことを考えると、
一年当たりの負担額は、実は小さいのかなと思う。

以前は、ペンタックスのシステムも併用していましたが、
昨年、そちらを手放しました。
by RF100A | 2013-11-10 00:10 | 機材